Therapy Method  施療方法

施療ステップ

  • 施療の前に問診、承諾書にサインします。
  • 初回は問診などもあり、施療時間の他に15分ほどいただいております。
  • 症状によって、施術時間30分 カウンセリングする場合もあります。
  • 対面式にて身体に直接触れて痛みや症状の状態と原因を調べていきます。
  • 西洋医学的にバランス、骨、筋肉、内臓、脈などを調べていきます。
  • アメリカの脳科学で、内面的なストレスの状態を調べます。
  • インド医学のチャクラのバランスを確認します。
  • 中医学の気の流れ、経絡状態を確認します。
  • GAIA Geometriaのバランスを確認します。
  • 症状によって、インドのアーユルベーダオイルを使用することがあります。
  • 施療後は、10分ほど安静に横になって状態を確認し終了します。
  • ご持参いただくもの。靴下(洗濯されていればOK)。リラックスできる服装、ズボンでお越しください。

伝承療法/GAIA Geometria

GAIAを創造し育んだ「女性性の意識」である 古来から伝わる先人たちの叡智 生命観 人体観 疾病観、手技療法。「女性性の意識」や技術、命の尊厳、現象からの病気の考え方、GAIA Geometria(ゲオーメトリア:神聖幾何学)に基づく 命の循環システムのあり方と 自分との繋がり方。

経絡整体

当施療は、女性性の経絡整体を用いています。
  1. 体表反射療法:経絡・経穴(ツボ)へのアプローチしていきます。
  2. 筋肉弛緩法 :全身の筋肉の凝りを緩め、「気・血・津液」の流れを改善していきます。
  3. 骨格矯正法 :全身の関節等のズレを矯正し、骨格を整え、神経の伝達や髄液の流れを改善していきます。

「氣」の療法

「氣」の療法は、超高速振動波の「女性性エネルギー」で、全身に丁寧に働きかけていきます。オールハンドの手技により、はじめは痛がっていたお客様も施療者との「気」の同調作用が起きて、スヤスヤと眠り始めます。リラックスしている時ほど施療効果も高まるので「眠り」は判断基準になります。足裏のポカポカ感や 足裏が床から離れず歩けないのは「気」の重心が下がった状態です。心の中が、不安で一杯で、向き合う事が山ほどある人ほど、頭に「氣」の重心が上がり、フラフラします。

台湾式リフレ

当施療は、「女性性エネルギー」の台湾式リフレで、全身を写す鏡といわれる足裏の「反射区」の奥まで押して 刺激することで、足裏の悪い所(しこり)を取り、柔らかくして、老廃物を流し、むくみをとり、体調をととのえています。朝が、老廃物が溜まっているので、朝にリフレをするのが一番良く、元気になります。毎日、1日の終わりに、リフレをして、足裏を刺激することで 自分の体の調整をすると、長生きします。
足裏の「反射区」は、物質的で、ここを押して 改善しなかったら、それは、心のストレスで、自分の心を変えて、今の環境を変えることです。睡眠不足や 仕事のストレスや 人間関係のストレスや 自分が嫌いとかで、足裏に硬い しこり ができます。

解剖学

人によって、骨格標本から型を取った「可動型 人体模型」で、脳波と 呼吸の位置と 運動時における「脊髄神経根、椎骨動脈、大腿骨上部」などの相互関係を確認する場合もあります。また、解剖学による実物大の「正常な足・扁平足・凹足」の模型で、骨、筋、靭帯などを確認し、足の矯正(O脚、捻挫、外反母趾など歪みの矯正)をする場合もあります。
Copyright©︎2021ame flora.All Rights Reserved.
Top