施療方法

施療ステップ

  • 施療の前に問診、承諾書にサインします。
  • 初回は問診などもあり、施療時間の他に15分ほどいただいております。
  • 対面式にて身体に直接触れて痛みや症状の状態と原因を調べていきます。
  • 西洋医学的にバランス、骨、筋肉、内臓、脈などを調べていきます。
  • 内面的なストレスの状態を調べます。
  • インド医学のチャクラのバランスを確認します。
  • 中医学の気の流れ、経絡状態を確認します。
  • 症状によって、インドのアーユルベーダオイルを使用することがあります。
  • 施療の後は、10分ほど安静に横になって状態を確認し終了します。
  • ご持参いただくもの
靴下(洗濯されていればOK)。リラックスできる服装、ズボンでお越しください。

(^ワ^)

  • 病院などのレントゲンやCT・MRIなどの検査で異常がなく、痛みやシビレなどは、お気軽にご相談ください。
  • 整形外科、接骨院、鍼灸、マッサージ、整体などで施療効果のでなかった方。また検査などでは異常が見つからなかったが、痛みや不調が継続されている方。あきらめず、お一人で悩まないで、ご連絡ください。

あなたが理想とされる心身の健康を手に入れられるように、サポートできれば幸いです。

当施療で自然治癒した症状

  • 整形外科系の症状:首・肩こり、肩甲骨、五十肩、手足の冷え、頭痛、腰痛、捻挫によるギックリ腰、股関節、O脚、重度の外反母趾による足の変形 爪の壊死、膝痛、膝裏の痛み、膝の骨折、むくみ、事故や手術による痛みと後遺症、頭蓋骨矯正、顔面矯正、顎関節の違和感と痛み、腱鞘炎、側湾症、その他体調不良と後遺症、副反応、延命
  • スポーツ関連:フォーム修正、捻挫
  • 循環器、呼吸器、消化器・泌尿器系:循環器系の複合病、呼吸困難、神経痛、顔面マヒと痙攣、泌尿器系の痛みと後遺症
  • 耳鼻科・歯科・眼科・皮膚科系:ちくのう症(蓄膿症)・副鼻腔炎、鼻・目の痛み、老眼、化学物質過敏症と 電磁波過敏症によるアレルギー疾患や アトピー、火傷による痛みと後遺症
  • 心(Mind)の病気:全身倦怠、疲れやすい、不眠、息苦しい、食欲低下、偏食、不安、恐怖、心の痛み、トラウマ、悲嘆(グリーフ)、イライラなど

経絡整体

当施療では、女性性の経絡整体を用いています。

  1. 体表反射療法:経絡・経穴(ツボ)へのアプローチしていきます。
  2. 筋肉弛緩法 :全身の筋肉の凝りを緩め、「気・血・津液」の流れを改善していきます。
  3. 骨格矯正法 :全身の関節等のズレを矯正し、骨格を整え、神経の伝達や髄液の流れを改善していきます。

「氣」の療法

「氣」の療法は、全身に丁寧に働きかけていきます。オールハンドの手技により、はじめは痛がっていたお客様も施療者との「気」の同調作用が起きて、スヤスヤと眠り始めます。リラックスしている時ほど施療効果も高まるので「眠り」は判断基準になります。足裏のポカポカ感や 足裏が床から離れず歩けないのは「気」の重心が下がった状態です。

台湾式リフレ

当施療では、台湾式リフレで、全身を写す鏡といわれる足裏の「反射区」の奥まで押して 刺激することで、足裏の悪い所(しこり)を取り、柔らかくして、老廃物を流し、むくみをとり、体調をととのえています。朝が、老廃物が溜まっているので、朝にリフレをするのが一番良く、元気になります。

解剖学

人によって、骨格標本から型を取った「可動型 人体模型」で、脳波と 呼吸の位置と 運動時における「脊髄神経根、椎骨動脈、大腿骨上部」などの相互関係を確認する場合もあります。また、解剖学による実物大の「正常な足・扁平足・凹足」の模型で、骨、筋、靭帯などを確認し、足の矯正(O脚、捻挫、外反母趾など歪みの矯正)をする場合もあります。

伝承療法

先人たちの叡智 生命観 人体観 疾病観、手技療法。現象からの病気の考え方。地球の命の循環と 自分との繋がり。
Copyright©︎2021ame flora.All Rights Reserved.
Top